一輪車の選び方

どんな一輪車を選べばいいの?

量販店で多数の一輪車が販売されていますが、メーカーによって規格が様々で不適格品が店頭に出回っています。

不適格品は明らかに乗り難く、練習の成果を妨げます。そこで、ご購入の際以下に注意し、正しい一輪車をお選び下さい。

車輪がスムーズに回転すること。

車輪が重くて回りにくい製品が売られています。

車輪がスムーズに回転しない一輪車では乗ることが非常に難しいです。

一輪車のホークステムを垂直にした状態にし、で車輪を固定しサドルを前後いずれか1cm傾けたとき(サドルを外した場合は2cm)、ホークが自然に倒れなければなりません。

倒れないものは、車輪の回転が重く乗車が大変困難です。


車輪回転のチェック方法

 

※タイヤの回転例(動画)※


【こんな風に回転する一輪車を選びましょう!】

 

身長にあった一輪車を選ぶこと。

低すぎる一輪車では練習の成果があがりません。

サイズ目安参照

認定品

日本一輪車協会の認定品を選ぶと安心です。認定品には、「乗り方の指導書」又は「正しい乗り方DVD」が付いています。

認定一輪車取扱い企業はこちら

用途に合った一輪車を選びましょう。

一輪車は、大まかに車輪の素材がスポーク製の物とプラスチッ又は樹脂製の物とに分かれます。

前者は、自転車と同じ車輪形態で一本一本のスポークが手組の為、高精度です。値段も高価なので、長く愛用される方・競技を目指す方にはお薦めです。

後者は、主に初心者が購入するのに一般的な製品です。安価でお求めやすいと思いますが、規格・仕様がメーカーによって異なる為、上記の点に注意しお選び下さい。

一輪車のしくみと適正サイズ

サドル 細い方が前です
クイックレバー 工具なしでサドルの高さを簡単に変えられます
ホーク 一輪車の支柱のことです
ホイール 車輪部分
クランク ホークとペダルを繋ぎ、左右があります
ペダル 左右があります
タイヤ 空気圧は高目が乗りやすい

一輪車サイズ 適正身長

サイズ目安

身長(cm) タイヤサイズ 幼稚園年少 幼稚園年長 小1 小2 小3 小4 小5 小6 中1 大人
100~115 14                  
110~140 16              
120~150 18              
130~160 20            
140~170 22            
155~185 24              

※上記、サイズはあくまでも目安です。メーカー毎にホーク、クランク等の長さに違いがある為該当しない商品もあります。